高速道路での事故の傾向

高速道路での事故として、逆走によるものがあります。
不慣れな場所での生活道路の一方通行標識を見落とした、
といった程度ならともかく、明確に上下線が中央分離帯で分けられている高速道路で、
というのは、普通に運転しているドライバーからすればちょっと理解しがたいかもしれません。
しかし実際には、事故に至らなくても逆走というのはよく起こっています。
どういう状況で起こりやすいかというと、
まずインターチェンジやジャンクションです。
誤って逆走となる道路に進入してしまったり、あるいは行き過ぎたことに気づいてUターンしたりといったパターンです。
もう一つ大きいのはサービスエリアやパーキングエリアです。
出口から出て行くべきところ、うっかりして入口から出て行ってしまうわけです。
自分が逆走しないためには、まず当たり前ですが高速道路でのUターンは、
たとえわずかな距離であっても絶対禁止です。
潔く諦めて次のインターチェンジまで向かいましょう。
また漫然とした運転がサービスエリアやパーキングエリアからの逆走につながります。
少しでも疲れを感じたら適度な休息をとってから運転するようにしましょう。
万一、自分が逆走していることに気づいた場合は、
できるだけ速やかに路肩にクルマを停めて、
非常電話などで連絡するようにします。
間違っても再度Uターンを試みるなどといったことのないように。
もし逆走車に遭遇した場合ですが、両者のスピードが合算されるため、
とっさの対処は実際にはかなり困難です。
せいぜい、予め追い越し車線の利用は最小限に留めることくらいが、
現実的な対処法といえるかもしれません。

ページ上部へ戻る